es_msg escubeinc_logo
ホーム > e!ふるさと > 佐賀県伊万里市 > 百姓屋「山ん鶏」

伊万里市 その3【ローストチキン】

「骨太有明鶏」のこだわりを、多くの方に知ってもらうために。
百姓屋「山ん鶏」
(伊万里市波多津町)
【動画】家族の愛情が育む「山ん鶏」(1:23)

きっかけは、ご主人の「農家になる!」宣言

佐賀県伊万里市で養鶏と花卉を手掛ける市丸さんご一家。地元ボーリング会社にお勤めだった市丸道雄さんは、発展途上国での技術指導で長く家を空けることが多く、家族との時間を持てなかったことや、赴任地のアフリカでマラリアにかかり生死をさまよったことから会社を辞め農業を始める決意をしたそう。

突然のことに戸惑う奥様の初美さんでしたが、ご主人と一緒にできる喜びも感じたそう。最初は花卉だけのつもりでしたが、ご主人の実家の養鶏業が厳しいことを知り、養鶏も引き継ぐことになりました。

様々な紆余曲折を経て、今ではご夫婦に長男、長女、次女夫婦が加わる総勢6名で仲良く農業に励んでいます。

ブランド鶏「骨太有明鶏」生産のこだわり

「骨太有明鶏」はJAさがが展開するブランド。有明海産牡蠣殻等を配合した飼料で元気に育つのが特徴です。通常は出荷前の一定期間を除き、病気を防ぐ抗菌性物質(抗生物質等)を飼料に配合するのですが、「骨太有明鶏」では全飼育期間、飼料に抗菌性物質を含みません。その分あらゆる面でしっかりした体制が求められます。

市丸さん達は空気や水がきれいな伊万里の大自然の中、衛生面や防疫に万全の体制で「骨太有明鶏」を生産しています。・・・が、なかなかその努力が一般に伝わらない。そこで生まれたのが「山ん鶏」というオリジナル商品。「骨太有明鶏」を使った加工品を持つことで、生産者自ら存分にこだわりを発信できるようになります。

家族と地域でチャレンジする「夢を叶える農業」

経営の基盤となる「骨太有明鶏」生産は道雄さん、長男、次女ご主人の男性3名が担当、「山ん鶏」、花卉、直売所その他を初美さん、長女、次女の女性3名が担当します。 チャレンジングで難しい部門を女性陣が受け持ちますが、日々家族で相談しながら試行錯誤を重ね、なんと平成27年度の農林水産祭「女性の活躍」部門で最高賞の内閣総理大臣賞を受賞!

日本一の評価のポイントはきっと「骨太有明鶏」のこだわりを生かすために、地元腕利き職人と何度も打ち合わせて作った、無添加にこだわる「山ん鶏」のおいしさ&コンセプトと、女性陣と男性陣のチームワーク。

家族の協力はもちろん様々な人々との出会いに恵まれたからこそと語る初美さん。今後は地域の農家との連携をさらに強めて、みんなで協力し助け合いながら成長したいと語る未来が実現しますように!

yahoo amazon
※ご購入はこちらから。

「ものづくり伊万里」探訪マップ