es_msg escubeinc_logo
ホーム > e!商品 > しろいしてんぺ

10品目 【大豆発酵食品】

白石産美白大豆「むらゆたか」を使った
大豆発酵食品「しろいしてんぺ」
しろいしてんぺ加工協議会
(佐賀県杵島郡白石町)

【動画】美味しくて栄養満点!しろいしてんぺ(1:54)

白石の大豆を使った発酵食品「しろいしてんぺ」

インドネシアで500年以上食べられてきたテンペは、大豆を煮て麹の一種であるテンペ菌で自然発酵させたもの。 「インドネシアの納豆」と呼ばれますが納豆のような臭いやくせはなく、ほのかに甘みがあり様々な料理に使える大変美味しい食品です。

その美味しさや栄養面が注目され、日本でもテンペ作りが行われています。 佐賀県杵島郡白石町でも地元の女性グループが中心となり「しろいしてんぺ」の生産が行われています。

美味しい!健康にいい!しろいしてんぺ

佐賀は国内有数の大豆産地。白石町でも有明海沿岸の肥沃な大地で大豆が栽培されています。 「しろいしてんぺ」は佐賀で開発された品種「むらゆたか」を使用しています。

白石産「むらゆたか」を鍋て煮て、テンペ菌をふりかけ20時間発酵させれば「しろいしてんぺ」のできあがり。 シンプルな食品だけに、大豆の美味しさが味の決め手になります。 「しろいしてんぺ」の味は、白石町の肥沃な大地の味そのものなのです。

軽く焼いてそのまま食べたり、様々なお料理に使ったり、アイデアは無限

こちらが「しろいしてんぺ」。白く見えるのがテンペ菌です。「むらゆたか」は豆自体が白っぽく、上品な見た目も「しろいしてんぺ」の魅力です。

「しろいしてんぺ」はそのままでも美味しく、軽くあぶれば香ばしいおつまみになります。 大豆を使ったお料理を短時間で作ることができます。

発酵した大豆はカラダにとてもよいと言われます。ぜひ日々の健康維持にお役立てください!

yahoo amazon rakuten
※ご購入はこちらから。

「e!商品」マップ