es_msg escubeinc_logo
ホーム > e!商品 > 神の白糸

18品目 【神埼そうめん】

「本物の麺の産地」の技と誇りを受け継ぐ。
井上製麺「神の白糸」
(佐賀県神埼市)

【動画】美味さを究めて、380年 「神埼そうめん」(1:09)

肥沃な土地、豊かな水に恵まれた「神埼」

九州ではよく知られる「神埼そうめん」。 全国的な知名度はそれほどではありませんが、「神埼の乾麺は絶品だ!」との声をよく耳にします。

神埼の麺はなぜ美味しいのでしょう?

広大な弥生時代の遺跡「吉野ケ里遺跡」があるように、神埼は古代より人が棲む土地。 脊振山系から流れ来る豊かな水が大地を潤し、有明海に注ぐ。そこには良質な農作物と優れた文明がありました。

九州で最も古い麺の産地・神埼

神埼の麺の歴史は380年と九州で最も古く、小豆島の雲水が手延べそうめんの製法を伝えたことが始まりとされています。豊かな水量を生かした水車による大規模な製粉、有明海の干満を利用した船による小麦粉の輸送等、自然の利を知力で活かし、産地として発展を遂げます。

機械打ちが発明されたのも神埼です。 たくさんの麺を打つ目的でしたが、手延べで用いる油を使わない、小麦・塩・水だけの崩れにくい麺が生まれ、長期熟成によって美味しくなる利点を生みました。

麺職人のまち「神埼」は本物の麺の産地

手延べ麺は「麺のヨリ」から生まれる食感が命です。一方神埼で「麺化しやすい」機械打ちの特長を生かし、素材や製法の工夫で進化しました。

神埼には10社以上の製麺所があり、その多くが社長自身が麺職人という「麺職人のまち」。 手延べそうめんの多くが昭和50年代に機械化され「手延べ風機械麺」となった現在、神埼こそ匠の技が息づく本物の麺の産地といえます。 神埼の製麺所のひとつ、井上製麺で作られる「神の白糸」は、神埼らしくこだわり抜いた原料と製法で作られる同社の乾麺に誇らしくつけられた名前なのです。

「e!商品」マップ