es_msg escubeinc_logo
ホーム > e!商品 > 香味干し・一番摘み生のり

20品目【海苔】

サクッ、コリッ。新しい海苔の魅力を伝える商品たち。
三福海苔 「香味干し」「一番摘み生のり」
(佐賀県佐賀市川副町)

【動画】日本一の海苔の町から海苔の魅力と産地の誇りを発信!(1:10)

日本一の海苔の産地、川副町

佐賀県は海苔の生産量日本一(=世界一)。中でも佐賀市川副町は質・量ともにトップクラスの海苔を産する土地。

有明海は最大6mの干満差を利用し海の中と外を行き来するよう海苔網を張ることで、柔らかく味の良い海苔を産することで知られますが、特に有明海に注ぐ筑後川・早津江川河口に位置する川副町沿岸の漁場は栄養分が豊富で流れが速く環境が安定しているため、特に品質の良い海苔が育つ場所とされています。

絶好の漁場を持つ川副町は、多くの海苔師や海苔加工に関わる方々が暮らす「海苔の町」です。

地元が誇る最高の海苔を買える店を作る

そんな川副町で海苔加工業を営む三福海苔の二代目社長・川原常宏さんが、会社を継いだのを機にオープンさせたのが工場併設店「のり道楽」。 それまで産地に足を運んで下さった方をお連れできる、良質な海苔を販売するお店が地元になかったそう。

店舗オープンを機に、厳選した海苔だけを使った様々な商品を作り、発信するようになりました。地元の方々が喜んだのはもちろん、最上の海苔を求める飲食店や、海苔に興味を持つ一般の方々との交流機会が一気に増え、今ではそれが川原社長の大きな喜びとなっています。

海苔の新しい魅力を伝える商品たち

三福海苔さんは海苔の新しい魅力を伝える商品を次々と開発し、それらが大きな評判となっています。 「香味干し」はいわゆるバラ干し海苔ですが、特別な製法で焼き上げることで海苔の香ばしさを際立たせています。 今では数々の名店が「香味干し」を使っています。

ユニークなのが「一番摘み生のり」。漁師しか口にできなかった採りたての生の一番摘み海苔を手作業で丁寧に洗浄し、冷凍してご家庭やお店で採りたての生の一番摘み海苔を楽しめるようにしたものです。

これからも、海苔の可能性はどんどん広がっていくに違いありません!

「e!商品」マップ