es_msg escubeinc_logo
ホーム > e!商品 > 道の駅鷹ら島「鷹島本まぐろ」

25品目【本まぐろ】

宝の島の本まぐろを全国にお届けします。
道の駅鷹ら島「鷹島本まぐろ」
(佐賀県唐津市)

【動画】宝の島の「マグロ」&「柑橘和スイーツ」を召し上がれ!(1:15)

伊万里湾に浮かぶ「元寇」ゆかりの島

伊万里湾口に浮かぶ長崎県松浦市の鷹島は、1274年と1281年の2度モンゴル帝国軍と高麗軍が日本に侵攻した「元寇」の戦場となった地。 鷹島での戦いに日本軍が勝利したことで元寇が終結したとされています。

そんな歴史を持つ鷹島も、現在はモンゴルとの友好を育くむ島となっています。 1993年にオープンした「鷹島モンゴル村」はモンゴル直輸入のゲル(移動式住居)での宿泊などモンゴル遊牧民気分を味わえるテーマパーク。 鷹島と佐賀県唐津市肥前町を結ぶ肥前鷹島大橋が2009年4月に開通し、より気軽に鷹島を訪れることができるようになりました。

鷹島の新しい特産品「本まぐろ」

鷹島は「鷹ふぐ」と呼ばれるブランドふぐなど養殖業が盛んです。鷹島は玄界灘に面した側と伊万里湾に面した側があり、魚種毎に適した環境を選ぶことができます。

2008年には大手総合商社が鷹島に本まぐろ養殖場を作り、2013年より出荷がスタートしました。 マグロ養殖には水深が深く潮流が速い場所が適しており、海の環境だけでなく離島でありながら車で島に渡れ、餌となる魚の水揚げ港が近いことも鷹島がマグロ養殖場所に選ばれた理由だそうです。

水温が低く生育に時間がかかりますが、その分天然物に近い身質が評価されているのが「鷹島本まぐろ」です。

美味しくてお値頃な「鷹島本まぐろ」をお届け!

道の駅鷹ら島は、肥前鷹島大橋開通と同時に開業した道の駅。第2、4土曜日には「鷹島本まぐろ解体実演」が行われ朝から多くの人々が集まります。 数人で手際よくさばかれたマグロが次々とパック詰めされお客さんの前に並びます。中トロ、大トロはもちろん中落ちやアラなど解体実演ならではの商品がお値頃で購入できるため、福岡からも多くの方が訪れます。

解体した本まぐろは現地販売する他、全国配送用に冷凍保管します。 以前は冷凍庫が小さく出荷数に限りがありましたが、より大きな冷凍庫を導入し多くの注文に対応できるようになりました。 まぐろの産地の責任として注文がある限り発送し解体実演も増やすそうです。年間通してお届けします。ぜひ「鷹島本まぐろ」をお試しください!

「e!商品」マップ